TEL:078-391-8841

営業時間:11:00~19:00 / 定休日:水曜日

ブログ

Blog

2021.04.30

林修の今でしょ!講座で話題。 集中力や記憶力をアップさせる紅茶のパワー

こんにちは!

紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

今日は前回に引き続き、

林修の今でしょ!講座で紹介されていた内容について

もう少し詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

427日(火)放送の、林修の今でしょ!講座。

ご覧になっていただけましたでしょうか?

 

紅茶専門店ラクシュミーとして、

スリランカの茶園の写真などを提供させていただき、

番組の制作に協力させていただきました。

 

この番組の企画は、コーヒーとココアと紅茶を比較して

「どの飲み物が優れているか?」

というのを様々な項目でレース形式で競い合うというもの。

 

その中で、紅茶は記憶力・集中力アップに効果があるとして

お医者様にご紹介されていました。

 

 

紅茶の記憶力・集中力効果

番組内の実験で、記憶力の問題を解いているときに、

水・コーヒー・ココアを飲み脳内の血流の変化を

比較したところ、

紅茶が最も脳の血流量が増えるという結果が出ました。

 

しかも、脳の「記憶」を司る部分である前頭葉の血流が

最も増えたそうです。

 

これにより記憶を司る部分の脳の働きが活性化された!

ということがわかりました。

紅茶を飲むだけで脳が活性化するなんて驚きですよね。

 

 

紅茶に含まれる栄養成分

 

では、紅茶に含まれるどんな成分が

脳の働きに効果を発揮したのでしょうか?

 

番組内では

タンニン、L-テアニン、カフェイン、ナイアシン、マンガン、マグネシウム、ビタミンK、葉酸などなど、、、

 

様々な成分が脳の血流を活性化させると紹介されていました。

 

特にL-テアニン、カフェインは

集中力アップに大きくつながると言われています。

 

実際、日本紅茶学会が2017年に行なった実験で、

紅茶を飲むグループと水を飲むグループに分かれてジグソーパズルを行い、

作業中の集中力を測定したところ、

 

水を飲むグループは47%ダウンしたのに対し、

紅茶を飲むグループは逆に集中力が42%もアップするという

結果が出たそうです。

 

長時間の勉強やオフィスワークで疲れたときに、

紅茶を飲みながら休憩をすると、

その後の集中力のアップにつながりそうですね!

 

 

紅茶によって栄養成分が変わる?オススメの茶葉

 

紅茶の世界3大産地は中国・インド・スリランカです。

中でもオススメなのはスリランカの茶葉。

 

スリランカのお茶の産地は寒暖差が激しいところが多いのですが、

寒暖の差が大きいと、紅茶の成分は豊富になると言われています。

 

番組内でも紅茶の専門家の先生が

スリランカ産の紅茶をオススメされていました。

(ここでラクシュミーの提供した茶園の写真が使われました!)

 

オススメのスリランカの茶葉というと、具体的には

 

スリランカの茶葉というと、具体的には

キャンディ

ディンブラ

ウバ

ルフナ

ヌワラエリア

 

などがあります。

 

クセの少なくスッキリとした紅茶がお好みであれば

キャンディがオススメ

Lakshimiの世界の紅茶シリーズにあるキャンディは

ブロークンタイプの茶葉から斧かに甘みが溶け出し、渋みも少ないので

とても飲みやすい紅茶です。

Lakshimiオンラインショップ  キャンディ購入ページ>>

 

また、同じくLakshimiオリジナルの

ウバ セント・ジェームス茶園

インドのダージリン、中国のキームンと並んで世界三大紅茶

と呼ばれている紅茶になります。

 

ウバ セント・ジェームス茶園 購入ページへ>>

独特のメンソールのような後悔感があり、

程よい渋みも感じられる一品です。

 

どちらも世界中の産地からテイスティングを行い

厳選した茶葉ですので

他では味わえない深い香りと味わいを楽しんでいただけると

自信を持ってお勧めできます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

科学的なエビデンスのもと、

集中力を高める効果があるという紅茶。

 

勉強や仕事の合間の休憩時間に飲むなど

生活の中にぜひ取り入れたいですよね。

 

様々な茶葉がありますので、色々試してみて

自分の好みに合った紅茶を見つけていただければと思います。

 

ではまた。

極上はちみつ紅茶のご購入はこちら>>