紅茶の栄養成分は美容やダイエットにも最適?注目の健康効果

こんにちは!

紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

紅茶は毎日飲んでいるよーという方もおられると思いますが、

毎日飲むほどに、その健康効果も気になりますよね。

実は紅茶は、「不老長寿の妙薬」や「万能薬」と言われるほど

健康に良い飲み物でもあるんです。

今日はその栄養成分についてご紹介したいと思います!

世界中で愛飲されている紅茶

お茶といえば、日本では緑茶のことをイメージされる人もいると思いますが、

紅茶は世界中で愛飲されている飲み物。

圧倒的に緑茶よりも多く飲まれているんだそうです。

そのため、紅茶の健康効果に対する研究も、世界中でとても進んでいるのですが、

今、注目される紅茶の健康効果とは一体どんなものなのでしょうか?

紅茶と緑茶の作り方の違いから生まれる健康効果

実は、緑茶、烏龍茶、紅茶は同じ茶樹から作られています。

緑茶と紅茶の1番の違いは発酵度の違いから生まれます。

緑茶は茶葉を発酵させずに製造されるのと比べ、

紅茶は茶葉に含まれる酵素で酸化発酵して作られます。

この発酵により「紅茶ポリフェノール」などの紅茶特有の成分が生まれ

多様な健康効果を運んでくれるというわけです。

紅茶に含まれる主な栄養成分

タンニン(ポリフェノール)

このポリフェノールには血液の凝固を抑制したり、体の老化の原因にもなる「酸化」のスピードをゆっくりさせてくれる抗酸化作用があると言われています。

いわゆる生活習慣病の予防に効果があるということですね。

また、ウイルスをやっつけたり、菌の繁殖を抑えたりという抗菌作用もこのポリフェノールに含まれているので、

風邪やインフルエンザの流行る時期には積極的に摂りたい成分でもあります。

テアニン(アミノ酸)

紅茶に含まれているアミノ酸の一種である「テアニン」には高いリラックス効果が期待できると言われています。

紅茶を飲むと落ち着く気分になるのは、この効果かもしれませんね。

ビタミン

ビタミンは美容や健康にも欠かせない栄養素の一つですよね。

紅茶には抗酸化作用のあるビタミンEや糖質の分解を助けてくれるビタミンB1が含まれているものもあります。

カフェイン

紅茶にはコーヒーの約半分くらいのカフェインが含まれています。

摂りすぎはよく無いとも言われるカフェインですが、

適度な摂取であれば脳を刺激してリフレッシュさせてくれます。

気分転換したいときに飲みたくなるのはそのためでしょうね。

紅茶を毎日飲んで美しく!

このように、体に良さそうな栄養成分が多く含まれていることがわかっていますが、

  • 血糖値の上昇を抑制する
  • 体内の炎症反応を抑える
  • 高めの血圧を下げてくれる
  • 肌の老化を促す「糖化」を抑えてくれる

といった、女性には嬉しい、美容やダイエットに効果的な飲み物であることが

たくさんの研究により明らかになってるんです。

これはもう、毎日飲まない手はありませんね!

茶葉による成分の違いとオススメの茶葉

特に健康効果の高い「紅茶ポリフェノール」。

抗酸化作用や抗菌作用に効果が期待できるということなので

積極的に摂取したいところですよね。

特に紅茶ポリフェノールの多いお茶を選びたい方には、

「アッサム」「ダージリン」「ウバ」

がオススメ。

(アッサム)

(ダージリン)

(ウバ)

この紅茶ポリフェノールは渋みの成分でもあるので、

紅茶特有のコクを楽しんでいただけますし、

ミルクティーにもよく合います。

お茶の香りや味の違いを楽しみながら

健康効果も同時に手に入れてください!

まとめ

いかがでしたか?

ただ美味しいから紅茶を飲んでいるという方も多いと思いますが、

こんな風に健康や美容にも良い様々な成分が含まれているなら

紅茶がもっと好きになりますよね!

レモンやミルク、ジンジャーやはちみつなどを加えることで

また違った栄養を補給できますし、

楽しさも広がってくると思います。

ぜひぜひ楽しみながら、賢く栄養補給をしてみてください。

ではまた。

この記事を書いた人

lakshimi-admin