ダージリンってどんな紅茶?旬な紅茶の魅力や特徴とは?

世界三大銘茶のひとつであり、

「紅茶のシャンパン」とも呼ばれている、ダージリンティー。

 

紅茶の中でも特に聞き馴染みのある

よく知られている茶葉の1つですね。

誰でも1度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、改めてその奥深さを知ると

ダージリンティーの魅力を深く理解することができ

より好きになっていただけると思います!

 

今日は、そんなダージリンの紅茶について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

ダージリンってどんな紅茶?

 

インド北東部の西ベンガル州北部に位置するダージリン地方。

ヒマラヤ三麗の標高2000メートルを超える高知で生産されるのが

ダージリンの茶葉になります。

 

世界中に出回る紅茶市場の約2%がダージリンと言われるほど

定番の紅茶茶葉であり、格別な香りや味わいがあります。

 

「紅茶のシャンパン」と呼ばれる所以は、

その独特なフルーテーな香り。

爽快感のある引き締まった渋みと深い

コクのある味わいが特徴です。

 

紅茶の中でも特に香りを重視される紅茶で、

その豊かな香りを楽しむために、ストレートで飲まれることが多いです。

 

ダージリンが強い香りを持つのは、

寒暖差の激しい高い標高の産地で生産されるから。

 

また、収穫時期によって香りや味が変化するので、

シーズンごとに楽しむことができるのも特徴です。

 

 

年に3回の主な収穫時期とその特徴とは?

 

ダージリンの主な収穫時期は3回です。

それぞれの収穫時期によって茶葉の色や紅茶の色、

風味が大きく変化しますので、それそれの味わいを楽しむことができます。

それぞれの特徴について説明したいと思います。

 

ファーストフラッシュ

ファーストフラッシュは一番茶。

希少価値の非常に高い茶葉になります。

奥に日本やドイツで人気が高く、若々しい爽やかな香りが特徴です。

 

  • 収穫時期:34
  • 茶葉:柔らかい新芽、緑色の茶葉
  • 紅茶の色:黄金いろの明るい色
  • 風味:爽やか。若々しい。程よい渋み

 

 

セカンドフラッシュ

セカンドフラッシュは夏摘みの茶葉。

マスカテルフレーバーと呼ばれる特徴的な香りの顕著なものが

上質とされます。

味や香り、紅茶の色はダースとフラッシュよりも濃いです。

 

  • 収穫時期:56
  • 茶葉:しっかりとした葉、褐色の茶葉
  • 紅茶の色:薄いオレンジ色
  • 風味:マスカットフレーバー、味・コク・香りのバランス

 

 

オータムナル

オータムナルは秋摘みの茶葉。

ファーストフラッシュやセカンドフラッシュに比べ

濃厚で丸みのある味わいや渋みが特徴で

ミルクティーにもよく合います。

 

  • 収穫時期:1011
  • 茶葉:厚みのある葉
  • 紅茶の色:深いオレンジ色
  • 風味:強い渋み、深い甘みとコク

 

オススメのダージリン

 

今回ご紹介したいのは、正に旬の

Lakshimiオリジナルの

「ダージリン ファーストフラッシュ2021です。

商品ページはこちら>> 

2021年、リシーハット茶園から届いたファーストフラッシュは、

南国果実の香りが際立ち、優しく、軽やかな味わいです。

ぜひストレートティーでお楽しみ下さい。

 

リシーハット茶園の特徴:

標高9802050メートルに位置するリシーハット茶園は、

東西南北すべての方向に向かって広がる茶園。

とくに東向きの部分は日照時間が長く、

早めにクオリティー・シーズンが到来するのが自慢です。

 

茶葉のグレード(等級):

FTGFOP=Fine Tippy Golden Flowery Orange

Pekoe。「1」がつく、非常に上質の茶葉であることを示します。

 

3月から4月始め頃にかけて、美味しさを蓄えながら

春の訪れを待ちつづけ、いっせいに芽吹いた芯芽と

若葉だけを摘んで作った紅茶。

収穫量が少なく、時期限定のため、大変希少です。

 

 

オススメの飲み方

ぜひストレートティーでお楽しみください。

茶葉3gに対して熱湯150から200cc

約4分~5分ほど蒸らすのが目安です。

*ファーストフラッシュは淡い水色が特徴。

どんなに蒸らしても紅くなることはありませんので、蒸らしすぎに気をつけて!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ダージリンは非常に馴染みがあり、

一般的に楽しまれている茶葉ですが

収穫される時期によって、とても個性豊かで

魅力がいっぱいの茶葉だということが

お分りいただけたのではないでしょうか?

 

Lakshimiではテイスティングを繰り返し、

自信を持ってお届けできる茶葉を仕入れています。

 

またシーズンが変わって、納得のいくダージリンに出会えた際には

皆様にご紹介させていただきます!

 

ではまた。

この記事を書いた人