夏にこそ「紅茶」を飲もう!暑い時期に紅茶をオススメするその理由とは?

こんにちは!

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

だんだん暑くなってきましたね。

ジメジメした梅雨が過ぎると、

ギラギラと日差しに照らされた夏がやってきます。

 

「暑い季節が大好き!」という方もおられるかと思いますが、

「夏はバテて、どうしても体調を崩してしまう。。。」

という方もおられますよね。

 

実は、そんな夏のお悩みに「紅茶」が役立つかもしれません。

 

今回は、夏だからこそ「紅茶」を飲んで欲しい!

暑い季節にこを紅茶を飲むべき、その理由をお伝えしていきたいと思います。

 

 

夏の飲み物といえば?

 

夏は小まめな水分補給が欠かせませんよね。

夏といえば、スポーツドリンクや麦茶を飲むという方も多いと思いますが、

「紅茶」の魅力を知ると「夏こそ紅茶」だと思っていただける筈です。

 

健康にも美容にも良くて、夏バテにも効果あり。

紅茶には夏の身体をサポートしてくれるパワーが秘められているのです。

 

 

夏の日焼け対策に紅茶が効く、その理由とは?

 

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには、コラーゲンの糖化を抑制し、

老化の原因物質が、肌の老化を促進するのを防ぐ役割があります。

 

さらに、紫外線による炎症誘発物質を抑える効果も認められています。

 

紅茶を飲むことで、夏の火照った肌を沈めたり、

日焼けによりシワなどが増えるのを防いでくれたりする

パワーがあるということですね!

 

 

内臓からくる夏バテに、紅茶がオススメ

 

夏バテは食欲不振が原因の一つとされています。

 

体力をつけるには栄養のある食事をとることが大事ですが、

どうしても冷たいものばかりを摂ってしまいがち。

 

それにより内臓が疲れてしまって、食欲が湧いてこない。

夏バテの悪循環に陥りがちですよね。

 

そんな時に紅茶がオススメなんです。

 

胃腸の調子が良くないときに紅茶を飲むと、

紅茶に含まれているポリフェノールの一種テアフラビンの働きで、

腸内の一部の悪玉菌を抑えてくれます。

 

腸内の悪玉菌が減ることで、腸内環境の改善につながり、

食欲も湧いてきますし、夏バテ解消になるということです。

 

 

夏こそ紅茶で水分補給

 

夏の水分補給に紅茶というのは。あまりイメージが湧かないかもしれませんが

実はとても相性が良いのです。

 

紅茶は夏の汗で失われた水分とミネラルを補給してくれますし、

はちみつを入れたはちみつ紅茶であれば、胃腸に負担をかけずに

エネルギーも素早く回復してくれます。

 

マラソン選手が給水の際に、紅茶をベースにしたり、

はちみつで甘みをつけたりした飲み物を飲むことが多いそうですが、

疲労回復に効果があるだけでなく、栄養を補給できることで

とても理にかなっているんでしょうね。

 

 

夏の疲れに、紅茶のリラックス効果を

 

暑さでイライラ。ストレスが溜まった時は、

冷たく冷やしたアイスティーをどうぞ。

 

紅茶に含まれるテアニンにはリラックス効果があり、

紅茶の香りにもアロマ効果がありますので、

飲むとスッキリ癒されますよ。

夏にオススメの水出し紅茶はこちら>>

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

これからの季節、暑さによるストレスや

夏バテに対抗していかないといけませんが、

 

紅茶はそんな夏のイライラに対しても強い味方に

なってくれそうですよね。

 

いつもの水分補給を紅茶に変えるだけで

夏のお悩みに効果があるのであれば、すぐに取り入れたい!

と思った人も少なくないのではないでしょうか?

 

今年はぜひ、紅茶とともに、暑い夏を乗り切りましょう!

 

ではまた。

この記事を書いた人