アイスティーはなぜ濁る?その原因と透き通る美味しいアイスティーの作り方

こんにちは!紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

日に日に夏が近づくこの季節。

 

紅茶好きの方には、アイスティーが欠かせない季節になりますね。

 

しかし、自分でアイスティーを作ったら

「色が濁ってなんだか美味しくなさそう」

「品質に影響はないの?」と

思ったことがある方もおられるのではないでしょうか?

 

冷たく透き通ったアイスティーは

みているだけでも爽やか。

おもてなしにも喜ばれますよね。

 

今日は、アイスティーが濁る原因と

それを防いで美しく透明感のあるアイスティーを

作るコツをお伝えしたいと思います。

 

 

アイスティーが濁る原因は?

 

アイスティーが濁る現象のことを「クリームダウン」と言います。

このクリームダウンは、熱い紅茶液を冷却する際に、

温度が下がるにつれ、紅茶の主成分であるタンニンとカフェインが

結合してしまうことで白く濁って見えることから起こります。

 

このクリームダウン、品質に問題はありませんが

見た目にもよくないですし、口当たりや香りに影響が出てしまいます。

 

特にクリームダウンが起こる要因には主に次の3つが考えられます。

 

・ゆっくり冷える

・作ってから時間が経つ

・タンニンが多い茶葉を使っている

 

これらの原因は単独の場合もありますが、重なり合うことで生まれることも多いです。

 

 

原因1、ゆっくり冷える

 

アイスティーを作ろうと冷蔵庫に入れておいたら濁っていた。

そんな経験はありませんか?

 

ホットで入れたアイスティーを常温まで冷まし、

冷蔵庫に入れておいたりすると、紅茶はゆっくり冷えます。

その際、クリームダウンが起こりやすくなるので、

濁りの原因になるのです。

 

 

原因2、作ってから時間が経つ

 

作りたての時は綺麗だったのに、しばらく経つと濁ってきた。

 

常温に置いている時は濁ってないのに氷を入れたグラスに注いだら濁った。

 

それは、時間の経過によってタンニンとカフェインが結合し

クリームダウンが起こったことによります。

 

あまり時間が経ちすぎると衛生的にも良くないので

作ったら早めに飲むことをオススメします。

 

 

原因3、タンニンが多い茶葉を使っている

 

紅茶の茶葉はウーロン茶や緑茶に比べてタンニンが多いと言われますが

その中でもタンニンの量が多い茶葉、少ない茶葉があります。

 

アイスティーに使うなら、含まれるタンニンの量が少なめの

紅茶がオススメです。

 

タンニンの少ない茶葉は「キャンディ」「ニルギリ」「アールグレイ」など

あっさりした味わいが特徴の紅茶。

一方、多めなのは「アッサム」「ウバ」などの渋みが強い紅茶です。

 

 

濁りのない美味しいアイスティーの作り方

 

急冷で作るスッキリとしたアイスティー

 

緩やかに温度が下がると白く濁りやすいので、

急速に冷やす方法がオススメです。

大量の氷で急冷することで、紅茶の風味が保たれた

美味しいアイスティーが出来上がります。

 

【作り方】

1、ティーポットで少なめのお湯で濃いめに紅茶を淹れる

2、グラスに満タンに氷を入れ、その中に紅茶を注ぐ

3、軽くかき混ぜて完成

 

熱湯で入れた紅茶をたっぷり氷が入ったグラスに注げば

濁りのない透き通ったアイスティーの出来上がり。

 

簡単にスッキリとした香り高いアイスティーが作れます。

 

 

水出しでお手軽アイスティー

 

タンニンの出にくい水出しであれば、クリームダウンが起こりにくいので

透明感のあるアイスティーが手軽に作れます。

 

【作り方】

  • ポットに水とティーバッグを入れ、冷蔵庫で所定の時間置いておく
  • 時間になったらティーバッグを取り出し、お好みで氷などを加える

 

飲む数時間前に用意しておくだけで、

誰でも簡単に美味しいアイスティーが楽しめます!

水出し専用の茶葉なども販売されていますので、

ぜひお試しくださいね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

アイスティーは濁るので難しいと思っていた方もおられるかもしれませんが

濁りの原因さえわかれば、スッキリとした透明感のある

美味しいアイスティーが作れそうですよね。

 

ラクシュミーでも、アイスティーにオススメの茶葉や

この季節だけの水出しアイスティー用の茶葉などを

たくさん取り揃えていますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ではまた。

オススメのアイスティー茶葉>>

この記事を書いた人