水筒で紅茶を楽しむ時に知っておきたいポイント。

こんにちは!

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

これから本格的な夏がやってきますね!

海水浴やハイキング、バーベキュー、キャンプなどなど

レジャーが楽しい季節です。

 

気温が高くなるほど体温も上昇して

たくさん汗をかきます。

こまめな水分補給をして熱中症の予防などにも気をつけつけたいですね。

 

私はこの季節外出時にも、紅茶を水筒に入れて出かけるのですが

実は水筒に入れて紅茶を持ち運ぶ場合、味が損なわれる可能性があるのです。

 

今日は水筒に入れて持ち運ぶと紅茶の味が落ちてしまう理由や、

美味しく紅茶を水筒で持ち運ぶ方法についてお話ししていきたいと思います。

 

 

紅茶を持ち運ぶとなぜ味が落ちてしまうの?

 

淹れたての紅茶は健康効果の高い成分がふんだんに含まれており、

芳醇な香りや味を楽しむことができます。

 

そして、カテキンやポリフェノールなどは

「抗酸化作用」がありますので、

非常に健康にいいとされているのですが、

実はこれらの成分が酸化することで、紅茶の劣化が起こるのです。

 

紅茶に限らず、お茶は酸化しやすいという特徴があります。

特に魔法瓶などの水筒に長時間お茶を入れておくと、

その「保温熱」によりお茶の酸化が促進されてしまいます。

 

酸化が進むと、紅茶から渋みが出てしまい、色も濃くなり

味が落ちてしまうというわけです。

 

市販のペットボトルなどの紅茶を水筒に入れても

色や味が変わらないのは、酸化防止剤が入っているからなのです。

 

 

外出先でも紅茶を美味しく飲む方法

 

では、どうすれば水筒で美味しく紅茶を

楽しむことができるのでしょうか?

それは、原因となっている「酸化のスピードを遅くする」

ということが鍵になってきます。

 

そのポイントとしては

 

1、紅茶の温度を低くすること

2、出来るだけ空気に触れさせない

 

ということが重要になります。

 

紅茶には様々な茶葉の種類がありますが、

水筒で紅茶を楽しむという点では

「水出し紅茶」がオススメです。

 

もともと冷たい水で抽出すれば、熱による酸化が進む心配はありません。

 

持ち運びの際に水筒を揺らしてしまうと、

その分空気に触れやすくなってしまいますので、

出来るだけギリギリまで入る水筒を選ぶことも重要ですね。

 

しかし、水出しの場合は保存が効かないことも注意しておきましょう。

 

冷蔵庫に保存すれば24時間もつ水出し紅茶ですが、

水筒に入れた場合は早めに飲み切るのも大事です。

 

 

ホットの紅茶を持ち運ぶ場合は?

 

残念ながら、ホットの紅茶は水筒に入れて持ち運ぶと

熱の影響で酸化が進み、美味しくない紅茶になってしまいがちです。

 

魔法瓶などの保温性のある水筒であれば、

熱湯を持ち歩き、飲む直前にティーバッグで紅茶を作れば

できたての紅茶を飲むことができます。

 

また、ミルクティーであれば、

ミルクが紅茶の劣化を抑えてくれて、

時間が経っても味に大きな変化が少ないない

と言われていますので、

 

温かい紅茶を持ち運びたい場合はミ

ルクティーにすることもオススメです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

レジャーの季節、外でも紅茶を楽しみたいという方に

水筒で紅茶を持ち運ぶポイントをまとめてみました。

 

味が劣化して今う原因が酸化であるということなので、

正しい方法を知っていれば外出先でも、

美味しい紅茶が楽しめそうですよね。

 

ぜひ外出先でも紅茶の味や香りを堪能してください。

 

ではまた。

おススメのアイスティーはこちら>>

 

この記事を書いた人