紅茶とフレーバーティーはどう違う?オススメのフレーバーティーもご紹介

こんにちは!

 

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

先日は、フルーツティーにぴったりな美味しい果物について

こちらでご紹介させていただきました。

 

果汁や果肉のたっぷり入った紅茶は

とてもジューシーで香り高く、爽やかな気分にさせてくれるものが

たくさんありましたね。

 

紅茶は様々な香りと相性が良いので

コーヒーなどに比べてもアレンジが非常に多彩。

 

ストレートで飲むのもいいけれど、

いろんな味や香りを加えることで、

可能性がぐんと広がります。

 

ほかにも、さまざまな香料を混ぜたり香りづけすることで

さまざまな香りを楽しむことのできる「フレーバーティー」を

ご存知でしょうか?。

 

有名なところでは、ベルガモットの香りをつけた

「アールグレイ」がありますが、

他にもさまざまなフレーバーティーがあります。

 

今日はそんな魅力いっぱいの

フレーバーティーについて解説していきたいと思います!

 

 

 

フレーバーティーとは

 

実は日本では「紅茶」と「フレーバーティー」の境界線が

イマイチわかりにくいので、

混同されてしまっている方も少なくありません。

 

しかし、フレーバーティーはそもそも、

紅茶とは別物と考えられています。

フレーバーティーは紅茶の茶葉に様々な香りを吸着させて作られたもので

紅茶本来の香りではなく、後付けされた香りと紅茶の香りのハーモニーを

味わうものです。

 

「ベースとなる茶葉に人工的に香りをつけたお茶」

ということになりますが、ベースとなる茶葉に特別な規定はなく、

さまざまな国の茶葉が使われていたり、

数種類ブレンドされたものも多く存在します。

 

 

フレーバーティーの種類

 

フレーバーティーにはさまざまな種類があり、

それぞれに異なる香りが付けられています。

 

代表的な「アールグレイ」はベルガモットというフレーバーティーは

柑橘系の香りをつけたもので、高いリラックス効果が期待できます。

 

そのほかにも、アップルなどのフルーツの香りをつけたものや

バニラなどの花の香りをつけたもの

チョコレートなどの食品の香りをつけたものなど

さまざまなフレーバーティーが存在します。

 

ジャスミン茶なども実はフレーバーティーの一種になります。

 

 

フレーバーティーの歴史

 

フレーバーティーの生まれた背景には、

フランスの茶葉の質や水質が大きく関係しています。

 

フランスでは実は紅茶よりもコーヒーが好まれ、

イギリスに比べると質の良い茶葉が手に入りにくい

という歴史がありました。

 

また、フランスの水は硬水が主流だったため、

美味しい紅茶を淹れるには向かなかったそうです。

 

そこで、茶葉に華やかな香りをまとった

フレーバーティーが考案されました。

 

フレーバーティーなら、茶葉の質に関係なく、

さまざまな香りを楽しむことができます。

 

フランス人はもともと香りを大切にする文化なので、

紅茶にも花びらやフルーツの香りをつけて楽しんだそうです。

 

 

オススメのフレーバーティー

 

それでは、ここでオススメのフレーバーティーをご紹介します。

 

『アールグレイ』

まずは、Lakshimiオリジナルの世界の紅茶シリーズより

定番の「アールグレイ」です。

アールグレイ>> 

スリランカ茶葉のディンブラをベースにベルガモットで

香りづけをしています。

ベルガモット特有のシトラス系の香りがとても爽やか。

暑い時期はアイスティーで召し上がっていただくのもオススメです。

 

 

楊貴妃の夢

同じく世界の紅茶シリーズから、「楊貴妃の夢」をご紹介したいと思います。

こちらはLakshimiが開発した大人気の商品で、

楊貴妃の愛したライチのエッセンスと、バラを茶葉にブレンドしています。

 

香り立つライチのフレーバーが気分も優雅にしてくれる一品。

ストレートで飲んで頂くのがオススメです。

楊貴妃の夢>>

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

紅茶は茶葉本来の香りや味を楽しむものである一方で、

フレーバーティーはその香りと茶葉のハーモニーをを楽しむもの、

とそれぞれの楽しみ方があることがお分かりいただけたら嬉しいです。

 

紅茶にもたくさんの種類がありますが、

フレーバーティーも数え切れないくらい存在していますので、

気分やシチュエーションに合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ではまた。

この記事を書いた人