マイボトルにティーバッグ、入れっぱなしでも大丈夫?衛生面の注意点とは?

こんにちは!

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

お盆を過ぎると、秋の雰囲気が少しずつ漂ってきますが、

まだまだ暑い日が続きますね!

 

ハンディータイプの扇風機とマイボトルに入れた冷たい紅茶が

欠かせません(笑)。

 

これを読んでおられる皆さんの中にも、朝に水筒にお気に入りの紅茶の

ティーバッグを入れて職場に持って行っているという方も

おられるのではないでしょうか?

 

しかし、水筒にティーバッグを入れっぱなしでもいいのか?

疑問に思ったりはしませんか?

 

せっかく職場や学校にお気に入りの紅茶を持っていくのだから

美味しく安全に飲みたいですよね。

 

結論から言うと、水筒にティーバッグを入れたままでも

注意点を守っていただければ、基本的に問題はありません。

 

今回は、水筒にティーバッグを入れたままにしているとどうなるのか?

入れっぱなしにする場合の注意点をまとめました!

 

 

ティーバッグを入れっぱなしにしているとどうなる?

 

水筒にティーバッグを入れっぱなしにする場合、

やはりきになるのは、味や衛生面ではないでしょうか?

 

ティーバッグを入れっぱなしにすると

味はやはり濃いめになりますが、

水出しであれば渋みや苦みが抽出されにくいので

すっきりとした紅茶になります。

入れっぱなしにしていても、濃く出すぎることがほとんどありません。

 

しかし、お湯出しで持ち歩く方は注意が必要です。

お湯で紅茶を入れると、タンニンなどの渋み成分が抽出されますので

長時間ティーバッグを入れっぱなしにすると、

その分、苦みや渋みが出すぎてしまい、せっかくの美味しい紅茶が

台無しになってしまうこともあります。

 

味⾃体に好みはあるものの、商品ごとに指定された抽出時間を守ればより美味しくなります。
砂時計などで時間を計り、しっかり抽出した後はティーバッグを取り出しましょう。

 

味や風味を気にするのであれば、時間をきっちり守って

ティーバッグを取り出してしまいましょう。

 

 

ティーバッグを入れっぱなしは危険?衛生面の注意点

 

紅茶には殺菌作用がありますが、

ティーバッグを入れっぱなしにすることで食中毒は大丈夫なのか?

とても気になりますよね。

 

ただ、注意点さえ守っていれば、それほど心配しすぎることはありません。

 

水筒にティーバッグを入れっぱなしで飲む場合の注意は主に以下の3つ。

 

  • なるべく早く、遅くともその日のうちに飲みきること
  • 紅茶は低温または高温を維持する
  • 水筒はきちんと洗い、消毒を定期的に行う

 

水筒の一番の大敵は雑菌です。

雑菌が繁殖すると、食中毒のリスクが高くなってしまいます。

 

細菌の増殖を抑えるには、温度がとても重要になります。

 

細菌にはそれぞれ繁殖しやすい温度があり、

一般的に30〜40℃に繁殖しやすい細菌が多いのだそうです。

逆に、10℃以下、60度以上ではほとんど繁殖しません。

 

保冷保温ができる水筒を使い、「熱い」や「冷たい」と言う状態を

できるだけ長持ちさせることで、

雑菌の繁殖を抑えることができると言うわけですね。

 

そして、一度水筒に口をつけて飲んだら、

だいたい8〜9時間くらいで飲みきることが大事。

 

例えば職場であれば、朝持って行った水筒は夕方くらいまでに

全て飲みきることができれば安心、というわけです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

「思わず水筒にティーバッグを入れっぱなしにしてしまう」

という方でも、基本的な注意点を守っていただければ

それほど心配はいらないということがお分かりいただけたら幸いです。

 

紅茶は美容や健康にも良いので、

ぜひ衛生面に気を配りながら、

マイボトルに入れて持ち歩いてみてくださいね。

公式オンラインショップでティーバッグの紅茶を探す>>

ではまた。

Online Shop

公式オンラインショップ

極上はちみつ紅茶ほか、ラクシュミーの紅茶をお求めの方は、
便利な公式オンラインショップでどうぞ

この記事を書いた人