紅茶は贈り物に最適。男女問わずプレゼントにオススメな理由とは?

こんにちは!

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

皆さんは大切な方へのお礼やお祝いの贈り物を決める時、

何を重視して選びますか?

 

相手が喜んでくれるものはなんだろう?

毎日使えるものがいいかな?

美味しいものがいいかな? などなど

 

相手がもらって「うれしい!」と思えるものを贈ろうと思いますよね。

 

実は紅茶は、男女問わず、様々なシーンで使える

ギフトに最適なアイテムなんです。

 

今回は、そんな紅茶ギフトの魅力をお伝えしたいと思います!

 

 

老若男女、紅茶は苦手な人が少ない

 

「コーヒーは苦くて苦手」という女性もおられますが、

「紅茶が苦⼿」という⼈は、少ないように感じます。

 

紅茶は様々な国で愛飲され、「世界で一番飲まれているお茶」と

言われているほどですので、

「気に入ってもらえなかったらどうしよう?」と迷う時は、是非紅茶ソムリエにご相談ください。
 世界中の産地の紅茶からお好みに合ったものを選んだり、優しいブレンドになったものを選べば
 失敗は少ないはず。

 

紅茶に詳しい方に送る時は特にこだわりたいですよね!
 女性は紅茶好きが多いので、いただいて嫌な方は少ないはず。
 なので贈り物には最適なんです。

日持ちするので安心。

 

賞味期限が短いものや、味が変化しやすいものは、に変更
「出来るだけ早めにお召し上がりください」と⼀⽂添えないといけないので、
お相⼿に気を使ってしまいますよね。

 

紅茶のギフトであれば、賞味期限が約2年~3年ありますので、
賞味期限はそれほど気にならないのでは?

 

忙しいかたでも「My Bottle」にいれて会社で休憩時間に飲んでいただけますし、
 休日はゆっくりティータイムを楽しんでいただけると思います。

 

 

「ホッとする時間」をプレゼント

 

皆さんが紅茶を飲むのはどんなシーンでしょうか?

忙しい合間にもホッと一息つく時。

紅茶の香りに包まれながらリラックスする時間は

至福のひと時が過ごせますよね。

 

紅茶を贈ることで、「美味しい」と思ってもらいたいというのも当然ですが、

紅茶を味わう瞬間の「素敵な時間をプレゼントする」という

意味を込めることができます。

 

紅茶に込められた「ゆったりとステキな時間を過ごしてほしい」というメッセージは、

どんな方にもきっと喜んでいただけますよ!

 

 

紅茶のギフトを選ぶときのポイント

 

紅茶は大きく分けて「茶葉」と「ティーバッグ」があります。

もし、贈られるお相手の方が紅茶好きで、

専用のポットなどもお持ちなのであれば「茶葉」のタイプがオススメ。

 

本格的な美味しい紅茶を選んで贈ると、

きっと喜んでいただけると思いますよ!

 

そこまで本格的でなくていいので、手軽に飲んでいただきたい

と思うのであれば、ティーバッグがオススメです。

 

ティーバッグタイプであれば、お子様からお年寄りまで

どんな方でも簡単に美味しい紅茶が楽しんでいただけるので

迷ったらティーバッグのギフトを選ばれるのが良いのではないでしょうか。

 

お相手の紅茶の飲み方のスタイルを把握して、

ギフトをお選びいただくと、より喜んでいただけると思いますよ!

 

 

オススメの紅茶ギフト

 

私たちラクシュミーがオススメするのは

「極上はちみつ紅茶」が入った、ギフトセットです。

 

雑誌やSNSでも話題の「極上はちみつ紅茶」と

ラクシュミーオリジナルの人気商品がセットになったシリーズは

様々なシーンで贈り物としてお使いいただけます。

 

「極上はちみつ紅茶」はティーバッグですので、

どんな方でも手軽に飲んでいただける上に、

 

そのお味は紅茶ソムリエが厳選した茶葉と

スペイン産のはちみつパウダーのハーモニーが香る

まさに極上の美味しさ。

 

百貨店や高級ホテルでも取り扱われている高級ブレンドですので

自信を持ってプレゼントにお使いいただけます。

極上はちみつ紅茶入りのギフトセットはこちら>>

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

様々なシーンで大切な人へのギフトに紅茶が最適であることが

お分りいただけたら幸いです。

 

ラクシュミーのオンラインショップでは

魅力溢れるギフトセットがたくさん揃っていますので

大切な方の喜ぶ顔を想像しながら

その人にぴったりのセットを選んでみてください。

 

ではまた。

Online Shop

公式オンラインショップ

極上はちみつ紅茶ほか、ラクシュミーの紅茶をお求めの方は、
便利な公式オンラインショップでどうぞ

この記事を書いた人