「温活」に効く!紅茶専門店がオススメする体が温まる紅茶とは?

 

寒さが一層増してきて、いよいよ冬到来といった感じですね。

 

寒い季節にはやはり、温かい飲み物で

体を内側から温めたくなります。

 

こんにちは!

神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)の武田です。

 

最近では「温活」なんていう言葉も生まれ、

体を内側から温めることで冷えを防ぎ、活性化させ

健康を保ちましょうという考え方が広まってきていますね。

 

表面的に寒さをしのぐだけでなく、体を温める食事や飲み物を摂ることで

普段から基礎体温を上げることが重要だと言われています。

 

そこで今回は、「温活」に効く、体を温める紅茶を

ご紹介したいと思います!

 

 

基礎体温を1℃上げることのメリットとは?

 

健康な成人の理想的な体温は36.5〜37.1℃と言われています。

逆に36℃以下になると低体温に分類され、

放置すると健康に様々な影響が出ると言われています。

 

特に女性は体温の影響から、様々な不調が起こりやすいので

体温を下げないように十分に気をつけたいところです。

 

特に体温と免疫細胞は不快な関わりがあり、体温が1℃上がると

免疫力は5倍から6倍にアップすると言われています。

 

人間の体は本来36.5℃以上の体温で正常に動くようにできており、

体温が1℃下がると白血球の働きは30%もダウンしてしまうそうです。

 

また、ガン細胞は35℃台で最も繁殖する性質があるという

研究結果が出ているので、体温を上げることで

風邪をひきにくくなるだけでなくガンなどの大きな病気の

予防にも効果があるということがわかりますね。

 

また、体温を上げることでエネルギー代謝が良くなり、

痩せやすく太りにくい体になりますし、

 

内臓が活発に働くので、ターンオーバーが正常となり

美肌やむくみの解消など美容にも効果があると言われているので

「温活」をすることで健康にも美容にも良いということになりますね。

 

紅茶は「温活」になぜ効果的?

 

実は温かい飲み物であればなんでもいいというわけではなく、

コーヒーや緑茶はかえって体を冷やしてしまうと言われています。

 

紅茶は製造過程で「発酵」させていることがポイントで

発酵することで生まれた酵素により、

代謝が良い状態になり、体温がしっかり維持されるのです。

 

また、紅茶には「テアフラビン」という成分が含まれており、

血液の巡りを良くしてくれるので、

末端まで体温を高めてくれる効果があります。

 

 

温活にオススメの飲み方

 

私たちがまずオススメする「温活」に効く紅茶は

「極上はちみつ紅茶」です。

 

紅茶が体を温めてくれることは前述しましたが、

さらにはちみつにも、体を温めてくれる効果があることがわかっています。

 

はちみつにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールなど

150種類以上の成分が含まれていますので

体の栄養バランスを整え、効果的に体を温めてくれます。

 

さらにそこに生姜をプラスすると、

美味しい「はちみつジンジャーティー」の出来上がり。

 

極上はちみつ紅茶はこちら>>

 

ジンジャーパウダーや生姜のスライスを

極上はちみつ紅茶に入れるだけで簡単に作れますが、

 

生姜の辛み成分が血の巡りを良くして

手足を素早く温めてくれる効果がありますので

温活効果をさらに高めてくれます。

 

 

そして、もう一つ温活にオススメしたい紅茶が

「アメージングチョコモルト」です。

 

他にはない芳醇な香りでハマる人が続出の

アメージングチョコモルトですが、

この紅茶にはティーバッグの中に茶葉と一緒に

たっぷりのカカオピールが含まれています。

 

実はこのカカオには「カカオポリフェノール」や「テオブロミン」という

血行を促進する効果の成分が含まれており、

体が温まると言われています。

 

アメージングチョコモルトはこちら>>

 

 

カカオポリフェノールの温活効果は紅茶よりも高いと言われていますので、

紅茶とカカオの両方から、体を温めてくれる相乗効果も期待できそうですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

これからの季節、体温を上げる「温活」を意識することで

風邪の予防や美容に役立てていきたいですね。

 

その中でも今回ご紹介した

「極上はちみつ紅茶」や「アメージングチョコモルト」を

生活の中に取り入れていただいて、

美味しく楽しく、体を温めていただけると嬉しいです。

 

ではまた。

 

 

Online Shop

公式オンラインショップ

極上はちみつ紅茶ほか、ラクシュミーの紅茶をお求めの方は、
便利な公式オンラインショップでどうぞ

この記事を書いた人

lakshimi-admin