LOADING

意外に庶民的?イギリス一般家庭流のミルクティーの飲み方とは?

意外に庶民的?イギリス一般家庭流のミルクティーの飲み方とは?

こんにちは!神戸の紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)です。本格的な冬を迎えました。Lakshimiがある関西でも、雪が降ったところもあり、1日ごとにいっそう寒さが増してきていると感じます。

寒い日は暖かいミルクティーが美味しいですよね。たっぷりのミルクと紅茶の優しい香りは、心も体も温めてくれます。寒い外から帰ってきて、ミルクティーでホッと一息つく瞬間は至福の時間です。

さて、紅茶の本場「イギリス」では、いつでもアフタヌーンティーのような豪華なティータイムを楽しんでいるイメージがありますよね。上品なカップ&ソーサーで優雅に紅茶を飲んでいる。そんなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか?

でも実は、イギリスの人たちはとても気軽にマグカップになみなみ注いだミルクティーを飲んだり、思い思いの方法で紅茶を楽しんでいるそうです。しかも、イギリスの家庭で飲まれる96%がミルクティーなのだとか。今回は、そんなイギリスの日常で飲まれているミルクティーについてご紹介していきたいと思います。

ティーカップではなくマグカップで飲むのが基本

イギリスで最も親しまれている飲み物、ミルクティー。家庭でも職場でもカフェでも、欠かせない存在です。

家庭で毎日飲まれるものなので、カップやソーサーではなくマグカップで飲むことが一般的なのだそうです。そして、実はリーフティーを使っている家庭も少ないのだとか。

朝から晩まで紅茶を飲むイギリスでは消費されている紅茶の90%以上がティーバッグなのだそうです。

イギリスの一般家庭の紅茶の淹れ方

淹れ方はいたってシンプルです。

  1. マグカップにティーバッグを入れて、熱湯を注ぎ2〜3分蒸らします
  2. スプーンを使ってティーバッグをギュッと絞ったら取り出します
  3. ミルクを注いで、お好みでお砂糖を入れます
    (イギリスの人は甘党が多いので、たっぷりのお砂糖を入れることが多い)

以上で美味しいイギリス一般家庭流のミルクティーの出来上がりです。

以前、ティーバッグの美味しい淹れ方の基本をご紹介した時に「ティーバッグは絞らない」とお伝えしたので話が違うじゃないか!?と思う方がおられるかもしれません(笑)。

もちろん、お行儀はよろしくないですし、リーフティーで淹れて、ティーコージーでしっかり蒸らすなど基本に忠実に淹れたほうが美味しいと思いますが、これが一般的な庶民の紅茶の淹れ方なのだそうです。

何事にも「自分らしさ」を重要視するイギリスの人々なので深く考えずに、自分流で入れるのが大事。先にミルクを注ぐ、砂糖は入れない、などなど個人によってこだわりや美味しい飲み方を見つけていくのも、楽しみの一つなのでしょうね。

御茶請けにはビスケットは欠かせない

そして、イギリスの家庭でミルクティーを楽しむ際に欠かせないのがビスケットです。このビスケットを紅茶に浸して食べる人たちも多いのだとか。

あのエリザベス女王も、毎朝紅茶とともに「マクヴィティズ」というブランドのビスケットを食べるのが習慣とのこと。イギリス人にとって、紅茶とビスケットは切っても切り離せない存在なのでしょうね。

まとめ

イギリスの一般家庭の紅茶の飲み方。お行儀は良くないかもしれませんが、マグカップのミルクティーにビスケットをドボンと浸してしんなりしたビスケットをいただきながら甘いミルクティーを飲む。

これもまた、美味しい紅茶の楽しみ方のひとつなのではないかなと思います。紅茶が生活の一部になっているイギリスならではですよね。こんな風にマナーを気にせず気軽に紅茶を楽しむことも、たまにはいいのではないでしょうか?

楽しそう!と思われた方は、ぜひ試してみてください。