LOADING

アイスティーが美味しい季節です

アイスティーが美味しい季節です

湿度や気温が高くなるこれからの季節は、お気に入りのグラスにキリッと冷えたアイスティーを注いでリフレッシュしませんか?紅茶専門店Lakshimi(ラクシュミー)が、アイスティーに向く茶葉としておススメしているのは、ニルギリ、キャンディー、ジャワ、アールグレイなどですが、選ぶ茶葉によっても味や香りはもとより、写真のように水色にも個性が出ます。茶葉でもティーバッグでも美味しく淹れていただけますが、今回はお馴染みの「極上はちみつ紅茶」のティーバッグを使って、淹れ方とコツをご紹介します。

アイスは2倍の濃さで

アイスは2倍の濃さで

まずはティーポットにお湯を入れます。この時、なるべく高い所から注ぎ、お湯に空気を含ませます。そこにティーバッグを入れます。「極上はちみつ紅茶」をホットティーで飲む場合は、1人分がお湯150ccに対してティーバッグ1つですから、アイスで飲む場合には、150ccに対してティーバッグ2つで抽出してください(写真は2人分、お湯300ccにティーバッグ4つ)。蓋をして、触らずじっと待ちましょう。バッグの中の茶葉は自然にジャンピングします。揺らしたり、まれにティーバッグを絞る方がいらっしゃいますが、そうすると苦味やえぐみ出てしまいます。3分経過したら、軽くティーバッグを揺すって取り出しましょう。右側の写真が3分後。しっかり抽出されています。

氷で急速に温度を下げるのがポイント

氷で急速に温度を下げるのがポイント

別の器に氷を入れておき紅茶を注ぎ入れます。マドラーなどでかき混ぜて急速に温度を下げます。お茶は36℃以下になると主成分であるタンニンとカフェインが結合し、白く濁ることがあります。氷を使って一気に温度を下げることでクリアな水色のアイスティーが楽しめます。「極上はちみつ紅茶」はストレートでもはちみつの甘さが感じられます。お好みでアイスミルクティーや、炭酸と割ってティーソーダにしても美味しいですよ。