LOADING

ダージリンセカンドフラッシュ2022

ダージリンセカンドフラッシュ2022

春、インドのダージリン地方で採れる茶葉を「ファーストフラッシュ」と呼びますが、続いて5、6月に芽吹いた一芯二葉を摘んだものを「セカンドフラッシュ」と呼びます。

ファーストフラッシュが初々しい新茶の飲み口で淡い水色であるのに対し、セカンドフラッシュは、オレンジがかった水色。芳醇な香りが立ち、程よい渋味も増してきます。そのバランスのよさが、紅茶ファンを惹き付けます。マスカットのような爽やかさから、マスカテルフレーバーと表現されることが多く、クオリティーシーズンの貴重な茶葉で、一般的に高値で取引されています。

2022年は「タルザム茶園」をセレクト

2022年は「タルザム茶園」をセレクト

セカンドフラッシュの茶葉も例年通り、30種類を超えるサンプルを送ってもらい、紅茶ソムリエがひとつひとつ試飲し、Lakshimi(ラクシュミー)で販売する、2022年セカンドフラッシュを選びました。

飲み比べた中で、突出していたのが「タルザム茶園」のリーフです。高貴で華やかな香り。味わいは渋味と甘みのバランスがよく、例年以上の高品質な出来といえます。少し長めに4分程抽出するといい状態です。後味も苦味からふくよかで芳しい風味へと奥行きのある変化を遂げ、これぞ紅茶の醍醐味という印象。あなたも、銘茶の余韻に包まれてみませんか?